住宅選びのポイント|はじめて注文住宅を契約するなら確認しておくポイント
男女

はじめて注文住宅を契約するなら確認しておくポイント

住宅選びのポイント

家

地盤や耐震

大阪府北部の枚方市は、関西を代表するベッドタウンとして発展を遂げ、現在では人口40万人を超える中核市となっています。また、枚方市は大阪府にありながら、京都府や奈良県にも接していることもあり、関西の各エリアへのアクセスにも非常に便利な特徴を持っています。枚方市には、駅前には大きな商業施設が集まっていますが、少し離れると閑静な住宅街が広がる環境にあるため、戸建て住宅を保有するには適した環境と言えるでしょう。ただし、この地に戸建て住宅を設ける場合には、地盤の確認や地震対策が行われている住宅を選ぶことが注意点となります。この点、新築住宅や築年数の短い物件については問題ありませんが、2000年以前の中古戸建て住宅については、少し厳しい目線で物件のチェックを行うことをおすすめします。

分譲建売住宅にも注目

枚方市では、計画的なまちづくりが推進されていることから、市内のさまざまな地域で分譲建売住宅が販売されています。間取りや外観、デザインなどで気に入った住宅が見つかれば、注文住宅よりも低価格で購入することができるメリットがあります。また、分譲建売住宅の場合、間取りや内装については、奇をてらったものが少ない標準的なタイプですから、使い勝手が悪いということはほとんどありません。例えば、子どもが成長したあとになって、「標準タイプの間取りの方が良かった」と後悔することはないでしょう。さらには、建売住宅は金額がはっきりしている分、ローンの返済計画が立てやすいメリットも備えています。戸建て住宅を建てるなら、理想の住宅を実現できる注文住宅という風潮がありますが、分譲建売住宅のメリットについても、いま一度見直してみると良いでしょう。